2020年にやったゲーム

2019年はこちら

2020年にプレイしたゲームを自分の備忘録として振り返ってみる。基本的に一周目は初見を楽しむため攻略なし、気に入ったゲームは二周目を攻略全開でやる感じ。スマホゲーム、テーブルゲームは除く。ネタバレは少なめですが気になる人は読まないことを推奨します。個人的にあとで見返すためなので他人が見てもあまり面白くないかも。

今年はPS5やXbox Series X/Sが出ましたね。自分はどっちも手に入れてないんですが来年には個人的キラーソフトが出てきて買うことになるといいなあ。あとは黎の軌跡が楽しみ。

DEAD OR SCHOOL (Switch)

インディーズのハクスラ2Dアクションゲーム。近未来、モンスターに占領され厳しい地下生活を余儀なくされている人類の中から主人公が立ち上がり学校という楽しい場所を目指すストーリー。ちょいちょいセールやってますね。自分もセールで買ったんだけど。 難易度はたしかノーマル。イライラ棒みたいなところにあるアイテムコンプは諦めたけどとりあえずエンディングまで到達できた。 Switchだと武器が増えてくるとロードがかなり重いのが気になったのでPS4のほうがよかったのかも。

やばたにえん&滅やばたにえん (Switch)

スマホ版は未プレイ。怪しい建物に捕まっている人を助けながら脱出を目指す脱出ゲーム(難易度高)。 最初はステップ数とか考えずにとにかく地図を書きながらバッドエンドを迎え、その先を考えていくのが楽しい、んだけど、すぐにしんどくなってしまった。 自分はドット絵のグロ耐性はあるけどしんどい人はだめなのかも。クリアしてからストーリーの考察見るのが楽しかった。ちゃんと考えて作られてるんだなあ。

AIソムニウムファイル (Switch)

他人の記憶に潜り込む機械を使い捜査を行う特殊な警察組織の一員となって殺人事件の真相を追っかけるサスペンス。推理アドベンチャーということで推理要素あるのかなと思ったけどほとんどなかった。ソムニウム世界が多少想像が必要なくらい? ソムニウム世界のネタ選択肢をもっと選んでみたかったけどいちいちロードし直しがめんどくさかったりしてあきらめてしまった。 クリア後に感想ツイートしたらゲームの登場人物のあせとんちゃんからリプライが来たのがおもしろかった。

アンチャーテッド コレクション (PS4)

PS3からのリマスターなのもあってロード早いしグラも十分なんでインディージョーンズごっこするのは楽しかった。ただそれ以上あとに残るような感想が特にないんだよなあ。楽しければいいのでこれはこれでよし。

Robotics;Notes DaSH (PS4)

本編はXbox 360でやった記憶。そのあと実際にゲーム舞台の種子島に行ったりしましたね。

みさ希さんや愛理など、本編エンディング後が語られていてよかった。ファンディスクとしてはChaos Childよりも救いがあってよかった。 というかキルバラを卒業した八汐くんは普通の、友人思いの良い人だったなあ。

Return of the Obra Dinn (Switch)

すごく面白いゲームなんだけどゲームの性質上ひとが事故死したり殺害されるのを短期間に連続して見ることになるので精神的に来るものがあった。 最初はEvernoteで調査メモ書いてたんだけど、情報量が多くなるとどんどんしんどくなってきてスプレッドシートを方眼紙化してそっちに移行したりしてた。ほどよいヒントサイトが転がってるので一周して詰まってきたらそれを見ると丁度いい。

Minecraft Dungeons (PS4)

PS4だとやたらと重いハクスラ。現在はアポカリプス+という難易度になっていてエンドコンテンツになっている。たまに今でもやってます。

Agent A 偽装のパズル (Switch)

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 (PS4)

Superliminal (PS4)

一周クリアして満足しちゃった。

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO (PS4)

創の軌跡 (PS4)

伏線回収というよりは閃の軌跡のその後が見れてファンとしてはもうそれだけで嬉しいというか。 しかし軌跡シリーズの最後まで付き合えるのかどうか不安になってくるな。

スーパーマリオ3Dコレクション (Switch)

サンシャインとギャラクシーは初プレイ。オデッセイもしばらくしたらまたやりたいな。

Nier:Automata (PS4)

2Bがかっこかわいいゲームでした。ロードもグラもかなりよくて技術的なところですごいなと思った。 シューティングで十字キーが使えないのだけが不満だったかな。英語音声で忘れた頃にやり直してみたい。

ICEY (Switch)

月ノ美兎さんの配信を見て気になったのでやってみた。ただ自分はあんまりハマれなかった。 メタ系のThe Stanley Parableはすごくおもしろかったんだけどな。日本語音声じゃないほうがもしかしたら映画っぽくなってよかったのかもしれない。

Hollow Knight (PS4)

今年の俺ゲームオブザイヤー。今年発売のゲームじゃないけど(PS+のフリープレイできたので)。暇さえあればずーっとやってた。

ストーリーはよくわからない。ダークソウル初代みたいなかんじね、となんとなく理解しているけどストーリー重視のゲームじゃないからいいんだきっと。 アクションそんなに得意じゃないんだけどこのゲームは死んで覚える感覚がちょうどよくて延々と同じボスに挑み続けたりしてた。

天穂のサクナヒメ (PS4)

みんながやっているのを横目にネタバレを回避し続け、ちょうどバグも一通り片付いたこのタイミングでプレイ。 いやーおもしろかった。もうちょっとだけ遊んでたい。

2019年にやったゲーム

2018年はこちら

2019年にプレイしたゲームを振り返ってみる。基本的に一周目は初見を楽しむため攻略なし、気に入ったゲームは二周目を攻略全開でやる感じ。スマホゲーム、テーブルゲームは除く。ネタバレは少なめですが気になる人は読まないことを推奨します。個人的にあとで見返すためなので他人が見てもあまり面白くないかも。

UNDERTALE

日本語でやりたくてずっとPS4版が出るのを待ってました。なんですが去年ちょこっとやって弾除けがしんどくてパピルスのところでめんどくさくて放置してました。

そのあとそこまで大変じゃないことを知って一気にプレイ。さすがにGルートはしんどかったけどなんとか3ルートともクリアしました。 MEGALOVANIAだいすき。

The witness

PS4版。おもしろかったー。最後のタイムリミットありのパズルは未クリア。

音のやつと円柱のがすごい苦手。。。

大逆転裁判2

1のときに「続編があることを隠すな」とか散々文句言ったけど結局やりたくなってプレイ。もちろん大きなストーリーが終わることを知ってからだけど。 クライマックスは盛り上がったなあ。3があるのかわからないけど出るといいな。

ソフィーのアトリエ

PS Plusのフリープレイでプレイ。アトリエシリーズは過去にトトリのアトリエをやって時間制限に負けてから積んで以来。 幸いこのソフィーのアトリエは時間制限がないためそのへんは気軽に楽しめてよかったです。時間制限が楽しい人は逆にマイナスポイントなのかもしれないですが。

主人公と師匠の掛け合いが好きだった。続編でプラフタどうなるんだろう・・・?

WILL: 素晴らしき世界

PS4版、トロコン済み。 2-3人のストーリーを神の視点でザッピングしながらコントロールして結末を変えていくゲーム。プレイ感覚は街とか428に似てる。 もともとは中国のゲームなので翻訳大変だったんじゃないかなあ。。。

メインストーリーも好きだけど刑事編も好きだし先生編もよくある話かもだけど好きだな。というか嫌いな人いない(お姉さんは色々意外だったけど)。

Human Resource Machine

25年まで。未クリア。 面白いとは思うんだけど頭使うゲームあんま得意じゃない。あと久しぶりにやろうとするとルールというか色々忘れててプログラム書けなくなってて悲しい。

Downwell

未クリア。シューティング下手すぎるけどいつかクリアしたい。

ZERO ESCAPEトリロジー

9時間9人9の扉善人シボウデス、刻のジレンマをクリア。3DSで999だけはプレイ済み。

999のエンディングでも次回作への引きを用意してたんだけど、まさか三部作にまでなるとは。。。

脱出ゲーム好きなので脱出パートも楽しい。ストーリーは最初理不尽なのはちと辛いけどちゃんと解決されるしご都合ハッピーエンドじゃないのもいい。 一作に一度は「ええええ」ってなる仕掛けがあるのも大好き。打越さんの作風なのかな。

スーパーマリオオデッセイ

ゼルダと迷ったけど2019俺ゲームオブザイヤー。新型Switchに合わせて購入。3Dのマリオは64以来だけど楽しかった。。。

思ったよりめちゃめちゃボリュームがあったけどとりあえず月の裏の裏まではクリア。全ムーンは飽きたのでやってない。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

クリア済み、DLC未購入。

最初何が楽しいんだかわからなかったし、最初の台地を脱出してからも敵が強くなってしんどいなあと思ってたけどいつの間にやらすべての時間をつぎ込むゲームになってました。

あんまり戦闘テクニックが身につかず、ボス戦がゴリ押しにしかならなかったけど楽しかったからいいのだ。

Ys9

あれ?と思ったけど途中から一気に楽しくなった。Ys8の無人島とはぜんぜん違う展開だったけど先が気になる展開だったりとか面白かった。

リングフィットアドベンチャー

現在18日。一日1ステージしか進んでないけど継続していくことこそが目標。。。

2018年にやったゲーム

2017年はこちら

2018年にプレイしたゲームを振り返ってみる。基本的に一周目は初見を楽しむため攻略なし、気に入ったゲームは二周目を攻略全開でやる感じ。スマホゲーム、テーブルゲームは除く。個人的にあとで見返すためなので他人が見てもあまり面白くないかも。あと2019年末に書いてるので色々忘れてるけど許して。

DQ11

PS4版。過去作やったのは1-5だけかな。なんというかめちゃくちゃ丁寧に作り込まれていてよかった。。。

DLCがほしいというゲームは珍しいし、アップデートがなかったのもすごいなと思った。そんだけテストしたんだろうな。

DLCというかSwitch版は追加要素があるみたいですね。さすがに長いからやらないだろうけど。

CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!

感想:雛絵だいすき。

下のツイートでも書いてるけどこの先が気になる。宮代に救いを与えてあげてほしいんだ。。。

レイジングループ

人狼ゲームをベースにしたノベルゲーム。人狼ゲームのように誰かを投票で吊るすことができ、狼は夜に一人を襲う。でも登場人物にとってそれはゲームではなく現実であるし、投票先は自分の知っている人間たちであるから殺されたくないための行動を起こす、というイレギュラーもあり物語を飽きさせない。ただ何を言ってもネタバレになりそうだから書きづらいな。。。グロシーンもあるから人を選ぶだろうけど数年後にもっかいやりたいな、と思うゲームでした。

DETROIT BECOME HUMAN

2018年俺ゲームオブザイヤー。続きが気になって睡眠時間削られた記憶。 完全にネタバレだけど、一周目はカーラは「立ってろ」と言われたから立ちっぱなしにさせたし、コナーには優柔不断な選択ばかりさせてしまった。 収容所まじで心えぐる。。。

フェアリーフェンサーエフADF

PS Plusのフリープレイで。PS3版は未プレイ。大きく3つの展開があるけどどれもおもしろかった。

閃の軌跡4

帝国編完結編。空FC&SCはだいぶ長く感じたけど今となっては短いほうなのかもしれない。。。

あんまりご都合主義が見え見えなところは好きじゃないんだけど、それでもこの広げまくった風呂敷を畳むのは大変だったと思うし楽しめたのでよかったです。

Hidden Agenda 死刑執行まで48時間

PS4版。セールだった&元から安かったのでプレイ。友人たちとマルチプレイもできるらしいけどやってない。

Until Dawnと同じところの開発したゲームらしい。Until Dawnと同じようにプレイ中に選択肢が出てきてそれを選ぶことで展開が変わっていくのは面白い。

主人公は警察官だけど、ミスると死んだり事件未解決で終わるので何周かするのも面白かった。難易度はトロコンしようとかしなければそんなに高くはない。

Macの環境構築 2017 (iMac 27' 2017)

お正月の初売りでiMac 27' (2017) を買いました。 Mac間のデータの移行でTime Machineや移行アシスタントを使うのは楽なのですが、こういう機会でもないと環境を見直すことも少ないのでせっかくなのでまっさらな状態からやることにしました。 自分用の備忘録なので他人が見てもあまり参考にならないかも。

※今後新たに追加・設定したときにこの記事に追記する予定です。

1. メモリ増設

support.apple.com

iMacはメモリ増設するための蓋がついているので、BTO時はメモリ少なめで購入し、自分で増設することにしました。

f:id:mtgto:20180128231324p:plain

2. システム環境設定

Dock

  • ウィンドウを下いっぱいまで使いたいので「自動的に表示/非表示」にする

ディスプレイ

Night Shiftを0:00 - 6:00まで入れる

キーボード

  • キーボード
    • キーのリピートを最速に
    • リピート入力認識までの時間を最短一個手前に
  • ユーザ辞書
    • スペル修正、文頭の大文字化、スペースバー二回でピリオド、スマート引用符とスマートダッシュを使用を切る
      • スマート引用符はEvernoteなどで勝手に変えられてしまうため
  • ショートカット
    • Spotlightの設定を消す(Alfredを代わりに使う)
    • 入力ソースの切り替えをCmd+Spaceにする
    • 次のウィンドウを操作対象にするをOption+Tabにする

トラックパッド

  • タップでクリックをオンにする

サウンド

  • 「メニューバーに音量を表示」をオンにする

共有

  • マシン名の変更(初期値はユーザーのフルネーム)
    • 覚えやすいものにしておくのと、iPhoneからアクセスするときなどに打ちやすいように短い名前にしておく

ユーザとグループ

※ 3のHomebrewでのzshインストール後 ログインシェルをHomebrewの /usr/local/bin/zsh にする

日付と時刻

ntpサーバーをNICTのものに設定

3. アプリケーションのインストール

3-a. Xcodeのインストール

Homebrewを使うためにまず必要なのでApp Storeから入れます。 インストールが終わったらXcodeを起動し、ライセンスに同意し、 Installing components.... を終わらせておきます。

3-b. Homebrewのインストール

Homebrew — macOS 用パッケージマネージャー に従い、Terminalからインストール。

3-c. いろいろインストール

Homebrew bundleとかあるみたいなので、元の環境から最小限に選んでインストール。 ↓はこの記事の設定をやったあとに brew bundle dump したもの。 仕事用じゃないので、 XXXenv 系は使ってないです。

tap "caskroom/cask"
tap "caskroom/versions"
tap "delphinus/macvim-kaoriya"
tap "homebrew/bundle"
tap "homebrew/core"
cask "java"
cask "xquartz"
brew "git"
brew "carthage"
brew "cocoapods"
brew "git-flow"
brew "git-now"
brew "go"
brew "homeshick"
brew "imagemagick"
brew "jq"
brew "mas"
brew "p7zip"
brew "python3"
brew "ruby"
brew "sbt"
brew "scala"
brew "swiftlint"
brew "the_silver_searcher"
brew "tmux"
brew "tree"
brew "typescript"
brew "wget"
brew "yarn"
brew "zplug", args: ["with-zsh"]
brew "zsh"
cask "alfred"
cask "dash"
cask "docker"
cask "dropbox"
cask "google-chrome"
cask "google-japanese-ime"
cask "gyazo"
cask "handbrake"
cask "intellij-idea"
cask "istat-menus"
cask "iterm2"
cask "minecraft"
cask "sequel-pro"
cask "skype"
cask "sourcetree"
cask "steam"
cask "sublime-text"
cask "visual-studio-code"
cask "vlc"
cask "wireshark"
cask "delphinus/macvim-kaoriya/macvim-kaoriya"
mas "1Password", id: 443987910
mas "Evernote", id: 406056744
mas "Keynote", id: 409183694
mas "Numbers", id: 409203825
mas "Pages", id: 409201541
mas "Slack", id: 803453959
mas "Things3", id: 904280696
mas "Xcode", id: 497799835

4. アプリケーションの設定

Mackup は知っているんですが、中で何やってるのか調べるのが面倒なので手動で。

Finder

  • ステータスバーを表示
  • サイドバーにホーム、作業ディレクトリを追加

5. データの移行

SSH秘密鍵

~/.ssh/id_* をコピー。 ~/.ssh/known_hosts は管理が破綻しているのでここで一度リセットしてみます。

iTunes

iTunes ライブラリを新しいコンピュータに移行する方法 - Apple サポート ~/Music/iTunes をコピーすればOK。

終わったら古いMacの認証を解除しておきましょう(Apple IDは5台までしか認証できない)

IntelliJ IDEA

設定をImport/Exportできるのでもっていきます。 全部持っていくべきか判断しづらいですね。

iStats Menu

設定をImport/Exportできるのでもっていきます。

iTerm 2

カラープリセットを↓からダウンロードして schemes/Molokai.itermcolors を使います。

Iterm Themes - Color Schemes and Themes for Iterm2

Dash

設定をImport/Exportできるのでもっていきます。

dotfiles

https://github.com/mtgto/dotfiles

TBD

2017年にやったゲーム

2016年はこちら

2017年にプレイしたゲームを振り返ってみる。基本的に一周目は初見を楽しむため攻略なし、気に入ったゲームは二周目を攻略全開でやる感じ。スマホゲーム、テーブルゲームは除く。

今年は色々あってあまりゲームに時間というかやる気を割けなかった気がする。始める前から「絶対面白い」のが確定してるやつしかやってないもんなあ。

Gravity Daze 2

PS+のフリープレイでやった1が面白かったのでそのまま2をプレイ。自分の都合で発売から少し遅れて始めたのだけれど、本編もDLCも爽快感を楽しめて面白かった。

1のときにはひたすら重力キックを打ち込んでたけど2では重力スローが便利だった。ダスティトークンは全報酬手に入れるまでやったけど、デルヴール採掘海溝は自分がアクションそんなに得意じゃないので全然やらなかった。

キトゥンの物語はこれで完結なのだろうけど、またこういったゲームやりたいなー。

ペルソナ5

PS4版でプレイ。過去作はP4G+のみプレイ。発売から半年近く経ってからようやくがっつり時間をとってやれる期間を確保してはじめました。P4Gと違って大画面据え置きだったので個人的にはハマりやすくやりやすかったですね。

先が気になって睡眠時間に支障が出たのもいい思い出。個人的に先が気になるゲームは評価高くなります。しかし一周90時間はやばいな。

そのあとトロコンはしっかり済ませました。主人公さん、9股はやばいですよ。

イース8

2017 ゲーム俺ザイヤー受賞作。イースファルコム製はほぼ全部やってるけど一番ハマったフェルガナよりも面白かった気がする。

ストーリーとかはそんなに凝ってないし展開も読めやすいんだけど無人島()を開拓する冒険気分とかダーナの超ポジティブなところとか、すごく面白かった。

ナイトメアでのダーナ編はきつかった。アドルが攻撃力上げまくって無双できるのにダーナはしっかり長期戦となるボス戦やらないといけないのがなー。

エンディング後の3人でいる姿が最高だった。

閃の軌跡3

待ちきれなくて発売日直後からやり、勢いのままに二周目トロコンまで達成。

4が今年の秋ということで近くなった頃にもう一回やろうと思う。ただ終盤の展開辛いんだよな。。。

bloodborne Lv.4縛り(ミコラーシュ〜メルゴーの乳母)

前回 の続き。ルールは過去「生まれるべきではなかった」の初期レベル4よりレベルを上げないことだけでそれ以外は全て縛りません。

このシリーズは一旦ここで終わりとします。倒してないボスを倒すかもしれませんが記事にしないかもしれませんしこの記事に追記で済ませるかもしれません。

武器は異質のノコギリ鉈+9 → +10(乳母戦)。

悪夢の主、ミコラーシュ

メンシスの悪夢はMOBを無視してふもとまで駆け抜けてさっさとミコラーシュへ。

今回、ミコラーシュがデレデレで後半の追いかけっこは全く無駄がないルートで個室に逃げ込んでくれました。 初期レベルだと触手と彼方への呼びかけで即死する気がするので絶対当たらないようにしないといけないな、と思ってました(結果的に両方とも当たらなかったので即死だったのかは不明)。

触手を横ステップで避けながら炎エンチャで斬りつけるを繰り返し、呼びかけを打たれないように離れすぎず戦いました。 肉弾戦は食らったけど死なないから安いですね。

挑戦回数は1回。

メルゴーの乳母


Bloodborne Lv4 メルゴーの乳母

↑記念にPS4の録画機能でクリア時のプレイを録画しました。

挑戦回数20回くらい。文句無しで一番苦労しました。

死にまくったのは即死攻撃、暗黒空間からの分身攻撃、暗黒空間からの腕伸ばし(即死)ですね。しっかりとヒット&アウェイ繰り返せばいいんですがそういうのは苦手です。

ボスのHPも高くなかなかに苦労したため15回死んだくらいから獣血の丸薬を投入。 過去プレイでも使ったことなかったんですがこれは攻撃が連続すると防御力が下がる代わりに攻撃力が上がるドーピングアイテムで、自分の動画を見返してみた感じ大体最大で3-4割くらいはダメージが上昇していました。

最初は暗黒空間でもちゃんと戦おうとしてたんですがだいぶ勝てなくなったことで日和って外周ぐるぐる作戦にしてしまいました。動画の見栄えはよくないけど安定します。

感想

全ボスを倒したわけではないですが、一旦エンディング見れるところまで来たので感想をば。

始める前に思っていたより苦労しなかったな、と。

トロコンはしてますが自分はそんなに上手いプレイヤーではないので、何十回も倒せないボスに出会って途中で投げ出すかなと思ってたのですが、即死攻撃さえくらわなければ地道に隙を狙って攻撃を繰り返すことで倒すことができるんだなと思いました。

世の中には初期レベル+武器強化禁止でクリアまでしている人もいますが、そこまで縛らなければゲーム上手くなくても楽しめるわけです。

さあ、GRAVITY DAZE2やるぞ! (おわり)

(おまけ)戦ったけど倒せてないボスたち

  • 黒獣パール
    • 攻撃力が高いのと攻撃を安定してかわせないためしんどそう。倒せれば雷光ヤスリが開放されるので倒したいところではあります。
  • 殉教者ローゲリウス
    • 倒す必要がないのとやたら即死しそうで戦いたくない。攻撃はパターンなのでなんとかなりそう?
  • 星界からの使者
    • 雑魚が多くて辛い。ジリ貧。
    • 鍵持ちの脳喰らいを倒すのに苦労した。全然安定しなかったので扉越しの武器変形後の攻撃で倒した。
  • 千景の狩人(大聖堂)
  • 旧主の番人(中央トゥメル遺跡)
    • ラッシュかけられない人型ボスは辛い。毒にさせて放置作戦が有効かも。

bloodborne Lv.4縛り (エミーリア〜再誕者)

前回 の続き。

f:id:mtgto:20170128105341j:plain

写真はロマ撃破後のステータス。武器めっちゃ強い (異質のノコギリ鉈+8)。

教区長エミーリア

初プレイのことを思い出しながら当然苦労するだろうと想定して、ここで炎エンチャ解禁。 初戦はエンチャントが続く限りなるべく切ろうと焦ってしまって負けてしまいました。

二戦目はけちけちしないで使うことにしてヒット&アウェイを繰り返し撃破。ここですでに武器の強化を+5まで上げていたので、初プレイよりはHPとスタミナ以外はむしろ充実してるんだよなあ、と実感。

挑戦回数は2回。

アメンドーズ

全裸素手縛り(ミコラーシュ倒したところで放置してる)でめっちゃ苦労したヤーナムの影と戦いたくなさすぎたのでここから寄り道します。

エミーリア撃破で解放される、

  • ヨセフカの診療所
  • カインハースト
  • 教室棟
  • 悪魔の辺境
  • 狩人の悪夢(DLCエリア)

を回って血石の塊を拾い集めました。

悪魔の辺境を降ってくる石や敵対狩人、ランラン脳みそに即死ハグくらいながらもなんとかアメンドーズに到着。

アメンドーズは通常プレイと同様に、後半は足元に待機してジャンプ後の頭にヒットさせてまた足元に戻る、を地道に繰り返して撃破。

挑戦回数は1回。初の一発クリア。

ヤーナムの影

ひたすらに血石の塊を集めて、ついでに聖杯ダンジョンもちょこっと入り、異質のノコギリ鉈を聖杯文字使ってゲットして、鉈を+8にまで強化しました。

ヤーナムの影は複数ボスなのがなにより嫌ですが、ボスへの距離がちょっと離れているのも精神的に辛い。

魔法使い→炎→刀の順で倒したけど、もっと良い順番会ったのかもなあ。

挑戦回数は3回。 即死はないけれど刀の連撃をくらうと死ぬのでそれだけ気をつけないといけない(ラスト一体の残りHP少なくなってきて甘えでラッシュかけたのが悪いんだけど)。

白痴の蜘蛛、ロマ

地道に子蜘蛛を狩って2回のワープで撃破。 ロマの周りを回ってれば隕石当たらないんですね。

挑戦回数は4回。子蜘蛛と隕石で何度かやられました。

再誕者

鐘女倒してから足を削る作業。上から降ってくる攻撃だけ避けつつ炎エンチャで切り続けたらいつの間にか再誕者死んでた。ということで全く苦戦してません。即死攻撃じゃない敵は癒やし。

再誕者行く前に上層に行ったけど鍵持ちの脳喰らい撃破に苦戦してます(拘束からの吸い出しは即死)。

挑戦回数は1回。